Twitterでよく見る「#coregraphy」とは?

word01

Coregraphyって何?という質問をよく見るようになったので調べてみました。

 

以前まとめて書きましたが

Twitterで著名なあのハッシュタグ一覧と、そのルーツについてまとめてみた
近年は、Google検索などではなく、なんとハッシュタグでものを調べることがメインになっているんだそう。 ハッシュタグを使うと...

以前こちらの記事でたくさんのタグと共に取り上げましたが、とりわけ最近検索される方が増えているのがこの 「#coregraphy」。LINE Qでも質問されるなど、気になっている方が増えているようです。

改めて当ブログでは、どういう意味なのか?その発祥は誰?などを調べてみました。

Coregraphyに込められた意味

このタグの初出は2015年の5月26日。 言葉の意味としては、「core=核心などを表す名詞、photography=写真」をあわせた造語なのだそうです。読みは「コアグラフィ」です。

 

どういう時に使うか?

ハッシュタグの創始者である瑛月さんはこのように述べられています。

写真を撮ってる方達が気兼ねなく使えて

写真が好きな方達も色んな写真を閲覧できる

短めのタグがあればなあ

それで、今回みんなの力を合わせてタグを作りました!

良かったら使ってやってください

出典:https://twitter.com/x_rapes/status/580940351738785792

要約すると

☑写真を撮ってる方達が気兼ねなく使えて

☑写真好きという一つの価値観を持った人が様々な写真を共有・閲覧できる

☑短めで文字数を取らないタグ

という、いわばアイコン的なものだそうです。フォローしていなくても色々なTwitterユーザーが撮った様々な写真を共有するための、アイコン的な存在です。

使い方の実態としては、著名ハッシュタグである「#写真撮ってる人と繋がりたい」や、「#ファインダー越しの私の世界」と共に使われるようになりました。

 

dsc07246_1

また、2016年頃からは、これらのタグが使い古されて目新しさがなくなったのか、はたまた文面通り受け取ると違和感を感じたり、クソリプおじさんのクソリプが飛んでくるからなのか、先の2つのタグよりも使用される機会が増加しています。

(例:#写真撮ってる人とつながりたい →別につながりを求めているわけではない
#ファインダー越しの私の世界 →ファインダーがないカメラを使っている、など)

 

使われるユーザーとしては、長くTwitterの世界にいらっしゃる方がよく使われている様子を目にします。

 

-新たな言葉