【夏本番】他を圧倒する日本一の「兵庫・滝流しそうめん」に行ってきた!

夏と言えば流しそうめんですよね。しかし、実際に流しそうめんをやったことがある!という人は意外と少ないのではないでしょうか。

今回はちょっとドライブがてらに行ける、関西最大級、いや日本でも最大級の流しそうめんスポットをご紹介します。

 

日本一の流しそうめんは「32レーン」

見てくださいこれ。レーン状のものがずらーーーーっと並んでいますが、全てが流しそうめん用のレーンです。すごくないですか?

このレーン、なんと32もの数があります。並ぶようなことはまずなさそうです(笑)

 

川床の上にあるこの流しそうめんセット。実に壮大です。

山からの湧き水を存分に用いた流しそうめんは、兵庫名産の高級そうめん「揖保の糸」を使用。公式サイトを見るとこのように記載されています

名水 氷ノ山の雪融け水を使用しています。
原始林を通り、夏も枯れない美味しい水です。
そうめん 地元西播磨の名産品「揖保の糸」を使用しています。
そうめんつゆ 本場、龍野の醤油を使用しています。

引用:http://www.takinagashi.com/information.htm

なるほど、麺からつゆに至るまで純・兵庫県産なんですね

 

この日の気温はなんと13度。取材に向かった日は6月上旬でしたが、現地の人でもこの日は「寒い」日だったようです

 

昭和46年から営業されているのだそう。なんと由緒正しいお店なの…

あちらの小屋の部分から流れてきます。ちなみに中に人が入っているそうで、そうめんを調理して流しているとのこと。ありがとうございます(笑)

雪解け水からわき出している水を存分に用いた流し部分は、見ているだけで涼しくなります

 

 

もしそうめんを受け損ねても、ボールが付いているので安心です

 

 

そうめんが来た

席について6分ほどすると…

麺がやってきました!!

さぁ、すくえるか!?

ばっちりです(笑)

さくらんぼが流れてきたらおしまいの合図。

 

 

アクセス

マップはこちら。

中国自動車道山崎ICから伸びる、国道29号線をひたすらに北進(1時間ほど)すると到着します。

 

道中にこういう看板を立てたちょっと間違えやすいところがありますので注意

こちらは円盤型の器の中をぐるぐる回っているだけの流しそうめんです

 

 

トイレも結構綺麗

トイレは近年リニューアルされ、山奥にしてはかなり綺麗なトイレになっていて安心。

-大阪・神戸・京都 珍スポット紹介